idea official blog

ideaオフィシャルブログ。

美容のコト、designのコト、思いついたコトの記録。

​写真、アート、ファッショッン...

JHA

JHAの価値…


JHAの会場で、

その重厚な空気を感じて欲しい。


ノミネートされた人、

されなかった人、

何年もチャレンジしながら、

まだそこには行けないけど、

また来年目指して学びに来ている人…


ほんと、

たくさんの挑戦者の色々な想いが、

そこにはあって、

特に、

今回は、

30周年記念大会で…



JHA


ジャパンヘアドレッシングアワーズとは、

http://www.j-h-a.com/about/index.html


JHAの規定

http://www.j-h-a.com/entry/index.html



日本の美容業界最高峰のフォトコンテスト。


主要メーカー、ディーラーは、

ほぼほぼ協賛している。


そもそもJHAには、

2部門あって、


まず、

業界誌で年間を通して、

掲載され続けないと、

エントリー資格がもらえないというのが、

オフィシャル部門。

NBCやDSなど、

地方のコンテストでは、

審査員という立場の方達も、

この部門にノミネートされることを、

目標にしていたりする。


そして、

もう一つが、

全国各エリアからの一般公募で競うアプリケーション部門。

いわゆるエリア部門。

ここ数年のフォトブームの影響もあり、

先述した審査員をする側の人も含め、

東京近郊の有名美容室はもちろん、

全国のクリエイター系美容師は、

こぞって、このアプリケーション部門に応募している。

今年の応募人数は、1006人(1人4点まで応募出来るから、実際の応募作品数は2〜3倍以上⁇)


JHAが、

誰もが認める日本最高峰のフォトコンテストと言われるのも納得出来る。


技術やデザインに重きをおく美容師なら、

絶対知っておかないといけないこと。


そして、

JHAを頂点に、


先日、準グランプリを受賞したTHA、

東京ヘアドレッシングアワーズ

http://tha.tokyo/creative-design/awards/


そして、

KHA、

関西ヘアドレッシングアワーズ

https://gamo-kansai.jp/gha/kha/2019/official/


東、西で行われる2つのコンテストがある。

今や、

全国規模のフォトコンテストになっていて、

全国からの注目度もかなり高くなっていたりする。


あと、

メーカー主催のフォトコンテストでいうと、

やっぱり、

ミルボンphoto works

http://www.milbon.co.jp/education/da_photoworks_2019/


JHAを目指しているクリエイター系美容師は、

もちろん、

いわゆるインスタグラマー美容師(disっている訳ではない)も、

このコンテストに賭けている人は多いはず。

そういう意味で、

JHAよりも、

一般的には、

注目されやすいフォトコンなのかも…



JHAに話し戻して、

JHAの舞台は…

自分の場合、